デルタ航空提携クレジットカード比較表

当サイトはデルタアメックスゴールドカードを一押しカードして推奨しているわけですが、デルタ航空のマイレージ「スカイマイル」との提携カードは他にもございます。

日本国内で入手できるものとしては、他に、株式会社ジェーシービー(JCBブランド)、シティカードジャパン株式会社(VISAブランド/ダイナースクラブブランド)との提携カードがあります。

株式会社ジェーシービー、シティカードジャパン株式会社との提携カードには、私がデルタアメックスゴールドを選ぶ決め手となった「上級会員資格」を得られるサービスは付帯していませんが、アメリカン・エキスプレス提携カードにはないサービスを備えていることもまた事実です。

どの券面にも一長一短があり、必ずしもデルタアメックスゴールドが最上というわけではありません。以下で公正を期して比較を行なってみます。

デルタ航空提携クレジットカード比較表
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド日本支社 シティカードジャパン株式会社 株式会社ジェーシービー
ブランド AMEX ダイナースクラブ VISA JCB
種類 ゴールド クラシック - プラチナ ゴールド ゴールド 一般 テイクオフ
券面画像
【各キャンペーンページにリンクしています】
デルタアメックスゴールド画像 デルタアメックス一般画像 デルタダイナース画像 デルタプラチナVISA画像 デルタゴールドVISA画像 デルタJCBゴールド画像 デルタJCB一般画像 デルタJCBテイクオフ画像
年会費(税抜) 26,000円 12,000円 28,000円 40,000円 18,000円 18,000円 10,000円 1,500円
審査基準 所定の審査 年齢27歳以上の方 所定の審査 25歳以上年収400万円以上 20歳以上で、申込者本人に安定継続収入のある方。学生は不可。 原則として18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。
上級会員資格 ゴールドメダリオン シルバーメダリオン - -
⇒メダリオン特典の詳細へ
入会ボーナスマイル 8,000マイル 5,000マイル 10,000マイル 10,000マイル 6,000マイル 3,000マイル 2,000マイル 500マイル
更新ボーナスマイル 3,000マイル 2,000マイル - 5,000マイル 3,000マイル 2,000マイル -
利用可能枠 個別設定 一律の制限なし 個別設定 80万円~125万円 個別設定
還元率 一般加盟店 1.0% 1.0% 1.5% 1.3% 1.5% 1.3% 1.0%
海外加盟店 1.25%
対象のデルタ航空航空券 3.0% 2.0% 3.0% 2.6% 2.0%
ポイント Suica
SMART ICOCA ×
楽天Edy
nanaco × ×
WAON × × ×
iD × × ×
QUICPay ×
旅行傷害保険 海外 最高1億円 最高5,000万円 最高1億円 最高7,000万円 最高1億円 最高5,000万円 最高2,000万円
国内 最高5,000万円 最高1億円 最高7,000万円 最高5,000万円 -
買物保険 年間最高500万円 年間500万円 最高300万円 最高100万円
※海外利用時のみ
初回搭乗ボーナスマイル ビジネスエリート・ファーストクラス25,000マイル/エコノミークラス10,000マイル ワールド・ビジネスクラス5,000マイル/エコノミークラス2,000マイル
空港ラウンジ 国内28、海外2空港 クラブラウンジ 国内28、海外2空港 国内28、海外1空港 なし
デルタスカイクラブ - 年間3回 年間6回 年間3回 -

※比較表内の電子マネーSuica、SMART ICOCA、Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPayの項目での記号は、◯=ポイント付与対象、△=利用可能ではあるがポイント付与対象外、×=利用不可を意味する。

上級会員資格が付帯するデルタアメックスカード

アメリカン・エキスプレス提携カードのメリットは、何を措いてもゴールドメダリオン・シルバーメダリオン資格を自動的に取得できるという点でしょう。時間もお金も費やさないと獲得できない上級会員資格が、文字通り「金銭(=年会費)」で買えてしまいます。

上級会員資格付帯のメリットは大きく、例えば、下の比較表を見ると、利用できる空港ラウンジ数において、デルタアメックスカードはデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードに劣後しているように見えますが、実際はスカイチームラウンジを利用することができますので、利用可能ラウンジ数はほぼダイナースクラブ提携のクラブラウンジのそれとほぼ同数になります。

一般加盟店でのスカイマイル還元率は1.0%ですので、この点はシティカードジャパン発行の3つの提携カード、及び、ジェーシービー発行のゴールドカード、一般カードに劣っていますが、海外加盟店での利用時に獲得マイル数が1.25倍になること、delta.comやデルタ航空予約センター(電話)、国内空港のデルタ航空チェックインカウンターでデルタ航空航空券を購入する場合、及び、デルタ航空パッケージツアー「デルタバケーション」をR&Cツアーズのウェブサイトおよびインフォメーションデスクで購入する場合は獲得マイル数が2倍・3倍になることを考えるとトータル還元率では引けを取ることはないでしょう。しかし、それは飽くまでもデルタ航空への搭乗を前提としてです。端(はな)からショッピングマイル(=陸マイル)重視で、デルタ航空へは特典航空券での搭乗のみをお考えの方は、一般加盟店でのスカイマイル還元率が高い他の提携カードの方がおすすめです。

ゴールドメダリオン会員・シルバーメダリオン会員は、好評を博し、延長が続いている「ニッポン500マイルキャンペーン」を最大40フライト分(最大20,000マイル分)まで獲得できるという点も地味に有利に働くでしょう。スカイマイル一般会員は最大10フライト分(最大5,000マイル分)しか加算できません。

※ニッポン500マイルキャンペーン
2014年3月31日までに、日本国内線の搭乗券(半券)をデルタ航空予約センター宛にFAXすると、500マイル獲得できる。ANA、JALはもとより、LCCのスカイマーク、Peach、エアアジア、ジェットスター航空の国内線搭乗券、及び、特典航空券も対象となる。

デルタ航空提携シティカード

デルタ航空提携のシティカードはゴールドとプラチナの2種類。いずれも審査基準の高いステータスカードです。信用力の低い個人事業主や職歴の浅いサラリーマンには難関かもしれません。

Visaの一般加盟店でデルタ航空提携シティカードを利用してショッピングした時のスカイマイル還元率は、プラチナが1.5%、ゴールドが1.3%です。他のカードと比較して高い点が特徴です。また、電子マネーのモバイルSuicaチャージもマイル積算対象な点も嬉しいでしょう。SuicaはPASMOやICOCAなど他の交通系電子マネーとも相互利用が可能ですし、日本で一番普及度が高い電子マネーですから。

また、デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカードには年間3回(または年間3名)まで、デルタ スカイマイル シティ プラチナVISAカードには年間6回(または年間6名)まで「デルタ スカイクラブ」ラウンジを利用できる特典も付いています。

ワールドワイドに使えるVisa提携カードという強みを持ち、ビザ・ワールドワイド社が自社のゴールドカード以上の会員に提供している「国際線手荷物宅配サービス割引」「海外モバイルWi-Fiルーターレンタル優待」、「プライオリティ・パス初年度年会費優待」、会員制ライフサポートサービス「プレステージ・ゴールド」入会金無料といった特典も受けられます。

レストラン優待サービス「ダイニング ディスカウント」が利用できる点もグルメな方には嬉しいでしょう。

年会費はデルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカードが18,000円(税抜)、デルタ スカイマイル シティ プラチナVISAカードが40,000円(税抜)と高めの設定ですが、新規入会後3ヶ月間に20万円以上利用すると初年度年会費が半額返金されます。

⇒デルタ スカイマイル提携シティカードのお申込みはこちら

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード

申込者に高い属性を希望するデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは、デルタ スカイマイル提携カード中最も審査基準の高いカードといえるでしょう。スカイマイル還元率も1.5%(100円=1.5マイル)と高く、利用可能な空港ラウンジ数も国内27、海外約400と他のカードを圧倒しています。さらに、「デルタ スカイクラブ」ラウンジも年間3回または3名まで利用できます。ただし、EdyとモバイルSuicaチャージは可能ですが、どちらもマイル積算対象外ですので、電子マネーとの連携が弱い点は弱点と言えます。

エグゼクティブ ダイニング、おもてなしプラン、料亭プラン、サインレス・スタイル、ナイト イン 銀座、一休.comレストラン、アラン・デュカスからの招待など多彩なグルメサービスは他に比肩しうるものがありません。

また、コナミスポーツクラブ優待、アカデミーヒルズライブラリー優待、名門ゴルフ場優待予約などレジャー分野での上質なサービスも備えています。

まさに「T&E」に関するVIPサービスを重視する方におすすめのクレジットカードです。

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードキャンペーン画像

年会費が安いデルタ スカイマイルJCBカード

デルタ航空提携JCBカードは、他のカードと比較した場合、還元率の点からも、付帯サービスの点からも見劣りしていましたが、2013年2月にサービスリニューアルされ、還元率については最高クラスとなりました。

さらに、同年夏からは、ゴールド、クラシック、テイクオフの券種問わず、デルタ航空ホームページ(delta.com)、デルタ航空予約センター(電話)、日本国内空港のデルタ航空チェックインカウンターでの航空券の購入でショッピングマイルが2倍になる特典も追加されました。

低年会費ながら、他のデルタ スカイマイル提携カード比肩しうるサービスを持ったクレジットカードに生まれ変わったと言えます。

おサイフケータイ対応の携帯電話・スマートフォンをお持ちであれば、便利なポストペイ型の電子マネーQUICPayを使える点、日本人観光客が多く訪れる海外主要都市に設置してあるJCBプラザ、JCBプラザラウンジを利用できる点もメリットと言えます。

デルタ スカイマイル JCBカードキャンペーン画像

このページの先頭へ